不倫アプリはエロ目的で使っている人妻が多い

スタイルが崩れた妻の代わりに出会いアプリで不倫相手を見つけました

 

私の妻は昔はスタイルがとても良かったのです。
スリムで胸が大きくウエストはキュッと締まっていて、まるでモデルさんのようだったのです。
そんな妻と結婚できた私は、世界一の幸せ者だと思っていました。
妻との営みが毎晩楽しみで仕方がありませんでした。
ところがそんな妻のナイスなスタイルは、長く続かなかったのです。
妊娠して子供を出産してからと言う物、妻のスタイルは急変してしまったのです。
ツンっと上に向いていた胸は見事に垂れてしまい、締まっていたウエストもどこかへ行ってしまい、今では過去のナイスなスタイルはどこへやらと言った感じになってしまったのです。
スタイルの良かったころは妻とのエッチが楽しみでなりませんでしたが、今では逆に苦痛に感じるようになってしまったのです。
子供が生まれたからスタイルが崩れるのは仕方がないと割り切ろうと思っても、割り切る事は出来なかったのです。
そこで私はかつての妻の様なスタイルを有している女性を見つけ、その人と不倫相手関係に成りたいと考えるようになったのです。
そう考えた私は、前から良く見ていた出会いアプリを使い、不倫相手探しを始めたのです。
出会いアプリにはスタイルの良い女性が何人かいましたので、総当たりで連絡をしてみました。
それで出会いアプリを通じて返信が来たのは一人でした。
私は早速会う約束をして、その女性と会ったのです。
彼女は服を着ていても、十分スタイルの良さが分かりました。
私は早く彼女とエッチがしたかったので、ムードを作り、彼女を落としにかかったのです。
そして少し強引だったかもしれませんが、彼女をホテルに連れ込む事に成功したのです。
それから私は彼女の服を脱がせたのです。
裸になった彼女は昔の妻の様に胸が大きくツンと上を向いていて、ウエストはキュッと締まり、無駄な贅肉は一切なかったのです。
私はそんな彼女の体を見るなり興奮してしまい、直ぐに事に及んだのです。
そして私たちは不倫相手関係に成ったのです。
スタイル抜群の不倫相手が出来た事で、私の性生活は久しぶりに充実をする事になったのです。
[30代|男性|会社員]

不倫したい既婚者がマッチングできるサイト

テレビ局勤務の既婚者の彼

 

とあるサイトで出会った彼は、地元のテレビ局に勤めている40歳。結婚をされている方でした。
既婚者と言うことで、深い仲になるつもりはなかったんです。
普通に地元の美味しいお店の話とか、日常の話をメールで交わすだけの関係が1ヶ月続いた頃、彼から食事に誘われました。私は牛タンが大好きなのですが、美味しい牛タンのお店を見つけたということで。
日々の悩みを聞いてくれたり、ガツガツ来ない彼の大人な態度に惹かれていたのは事実です。
予想通りというべきか、期待通りと言うべきか、牛タンのあとはおしゃれなバーで落ち着いた会話を交わし、気づいたらおしゃれなホテルのスイートルームに居ました。
「私じゃなくても、周りに可愛い子いっぱいいるでしょ?」そう訊くと彼は「仕事関係の子たちは確かに外見はいいけど。仕事のために近づいて来てるんだしね。」と苦笑し、そのまま私にそっとキス。驚いて、身を離そうとしたのですが、強く抱きしめられ、私の唇は彼の舌にこじ開けられました。
怖いようなドキドキするような、足がふわふわとして、体が熱くなりました。
そのまま彼に抱きかかえられ、ベッドに・・・。
彼は慣れた手つきで私の服をはぎ取りながら、優しく愛撫をしてくれました。
その慣れた様子に若干傷つきつつも、気持ち良さには勝てず・・・
今思い出しただけでもドキドキしてしまいます。
最初から最後まで丁寧に愛され、私は程なく絶頂を迎えてしまいました。
絶頂を迎えても、彼の手は止まらずその夜は何度イかされたのか覚えていません。
それからも何度か彼に会うことはあったのですが、彼の転勤を機に関係は終わりました。
もう一度あんな風に抱かれたい。
20代|女性|会社員

セフレをサイトで作ってい男女は行動している

ミニスカートが似合うセフレとのセックス

私は山梨県内で農業を営んでいる独身男性です。

以前は結婚もしており妻も子供も居たのですが、私の仕事である農業の不作が続いて収入が途絶えてしまった時期に妻と子供に愛想を尽かされて出て行かれてしまいました。

そして現在は独身生活を送っている私ですが、自分自身の性欲の解消という問題については問題無く充実したセックスライフを送る事が出来ています。
それと言うのも私が3年前から始めたインターネットの出会い系サイトで知り合ったセフレである女性達とのセックスを定期的にする事が出来ているからなのです。

私はまさか収入もそれ程多くなく、しかも40代でカッコイイ容姿でもない私が若い20代前半のセフレである女性達とセックス三昧の日々を送る事が出来るとは思いもしていませんでした。

インターネットの出会い系サイトは男性会員は毎月の利用料金がかかりますが、山梨県内のデリヘル遊びを頻繁にしていた頃と比べると全然現在の方が安く性欲を解消する事に繋げる事が出来ており、お金の点では何の問題もありません。

第一、セフレ達の多くは私と金銭の授受を発生させないでセックスをしてくれているので、こんなに有難い話は無いのです。
当然お小遣いを発生させる割り切ったお付き合いをしているセフレの女性も居ますが、それはそれで割り切ったセックスとして楽しんでいます。
今日も出会い系サイトで知り合ったミニスカートが似合う30代のアラサー美女とのセックスを行う予定となっています。

【40代|男性|農業】

セフレ募集の男女が集まるサイトにはセフレが欲しい男女が多数

暇を持て余して出会いサイトを見ていたらセフレを作る事になりました

私は会社からの辞令で、地方に転勤する事になりました。
子供が居るので、妻と子供を置いて、私だけ単身赴任をする事にしました。
これまでは家に帰ると妻と子供が出迎えてくれましたが、単身赴任してからは真っ暗な部屋で誰も出迎えてはくれないのです。
家に帰っても特にやる事もなく、暫くはテレビを見たりして過ごしていました。
しかしそれもじきに飽きて来て、私はネットで時間を潰すようになっていたのです。
色々なアダルトサイトを見て回る内に、一つの出会いサイトを見つけたのです。
私はその出会いサイトを見ている内に、自分も誰かと出会いたくなって来てしまったのです。
単身赴任をしていると、暇で寂しい思いをする時間が多いですから、誰かと一緒に居たくなってくるのです。
そこで私はその出会いサイトを使って、女性と会う事にしたのです。
出会いサイトを色々とみてい行く内に、私が住んでいるアパートの近くに住んでいる人を見つけたのです。
この女性とならいつでも会う事が出来ると思い、私は早速出会いサイトを通じてこの女性に連絡を付けたのです。
彼女とは直ぐに会う事が出来ました。
最初は近くの喫茶店で話をしていたのですが、何度も会って気心が知れるようになったので、自分のアパートで会うようになったのです。
アパートでは彼女と一緒にお酒を飲んだりテレビを見たりして、楽しいひと時を送る様になったのです。
それからほどなくして、私たちは体の関係も結ぶようになったのです。
妻と離れてひと肌が恋しかった私は、彼女の事を貪るように愛しました。
初めは彼女と話をする程度で良いと思っていましたが、成り行きでセフレ関係に成ってしまったのです。
セフレが出来た事で、遠く離れた妻と子供に後ろめたい気持ちが起きましたが、セフレが出来た事で心に安らぎを感じるようになった私は、もう後戻りはしたくないと思うようになっていました。
[30代|男性|会社員]